寝室を快適にすると幸福度が上がりました

こんにちは。

寝室なんて、寝るだけなんだから快適にしても意味がないと思っていました。

おいしいものを食べたいし、好きな服を買いたいということを優先していると、寝室に使うお金はあっというまになくなっていました。

そんな私の考えが、ガラッと変わったアイテムを紹介します。


こんな方におすすめの内容となっています。

・寝付きの悪さをなんとかしたい
・あまりお金をかけずに寝室を快適にしたい
・いつもの寝室をホテルのような洗練された空間にしたい
・睡眠の質を高めたい
・寝るときのストレスを少しでも減らしたい



私が寝室を快適にしようと思った理由は、職場のストレスで寝付きが悪くなったことからでした。

何とかしたいと思い、自分が快適だと感じる寝室を思い浮かべたところこの2点が不足していました。


①間接照明
②アロマの香り


私の寝室は、畳の上に足の低いベッドを置いています。

そして何となくたくさんの物があると寝られないため、ベッド以外はほとんど物を置いていません。

そんな殺風景な寝室に、この2つの要素を満たすベストなアイテムを発見しました。

それはアロマディフューザーです。


間接照明のライトになると同時にアロマの香りを寝室中に漂わせてくれる一石二鳥のアイテムです。

アロマディフューザーは大きく分けて次の4つの種類があります。

・気化式
・噴霧式
・加熱式
・超音波式


どれもメリットデメリットがありますが、私はお手入れのしやすさ、アロマオイルのコスパの良さを重視して「超音波式」を選びました。

この選択は大正解でした。

かすかに噴射されるミストが香りだけでなく見た目にも癒してくれます。


ちなみに購入したのはこちらの商品です。

無印良品 アロマディフューザー
¥3990 (税込)

特別安くはありませんが、毎日使うことを考えると3ヶ月使えば
¥3990÷3ヶ月(90日)=約¥44

1日あたり、44円の計算になります。

1年使えばもっと安くなりますよね。

これで毎日のストレスが大きく軽減するとすれば、かなりコスパの良い買い物だと思います。


サイズは手のひらに乗る位。
ライトをつけるだけで、寝室の雰囲気が柔らかくなります。

さらに、ディフューザーの中に水を入れて好きなアロマオイルを2-3滴垂らせば、部屋中が落ち着いた香りに包まれます。

照明と香りが変わるだけで、いつもの寝室が癒しの空間に変わりました。

もう、アロマディフューザーがない生活には戻れません。

眠りが深くなると、目覚めもスッキリするので、前は朝から不機嫌になることもあったのですがアロマディフューザーを使ってからは朝から機嫌よく過ごせるようになりました。


人生の幸福度って意外とちょっとしたことで上がるんだなぁと実感した出来事でした。


デメリットをあげるとすれば、2、3日に1度水を入れている容器を洗って乾燥する必要があります。

個人的には、毎回水を入れるついでに洗って放置すれば乾くのでそんなに苦になりませんでした。


ぜひ、アロマディフューザーで毎日のストレスから解き放たれるベッドルームを作ってみてください。